交通安全講習会、証書授与式、終了式が行われました

 12月17日、冬休みを前に、学生教職員に対して、交通安全講習会を実施しました。
 今回は、帯広自動車学校の保坂義則校長の「冬道の安全運転」の講話を中心に行われました。
 そのなかで「冬の道路は日中と朝晩では違う」、「日なたと日陰、ロードヒーティングの切れ目など注意して走る」さらに「運転中の携帯電話の危険性」など具体的な事例を含めたお話がありました。
 学生、教職員は真剣にこれらの話を聞きて、この季節の安全運転を再確認しました。
交通安全講習会  

  
 12月21日には、証書授与式、終了式が行われました。
 この日は、長期休み前の大掃除を行った後、証書授与式が行われました。今回は秋の情報処理技術者試験での合格者が対象となり、荻野校長から合格証と記念品が全学生の前で渡されました。
 その後、荻野校長から、大掃除のねぎらいの言葉と冬休み中の生活についてと、年が明けてからそれぞれの活動に関するお話がありました。
 冬休みは有意義に過ごし、休み明けは元気な顔でまた会いましょう。そして、卒業、進級に向けてのラストスパートをかけてください。

  
表彰者(秋の情報処理技術者試験の合格者)
ソフトウェア開発技術者試験合格
  辻山 基弘(帯広工業高校卒):左から2人目
初級システムアドミニストレータ試験合格
  不破 隆輔(帯広柏葉高校卒):左から6人目
  小笠原 正太郎(札幌啓成高校卒):左から3人目
  小林 祥宏(帯広工業高校卒):左から1人目
  高野 武尊(帯広緑陽高校卒):左から4人目
  藤田 裕史(帯広緑陽高校卒):左から5人目
  
  
情報処理技術者試験合格者