情報処理技術者試験合格者 喜びの声!

4月15日に行われた国家試験の「情報処理技術者試験」の合格者が5月15日に発表されました。
本校からは、「基本情報処理技術者」に情報ビジネス科2年から2名、「初級システムアドミニストレータ」に応用システム科2年から2名が合格しました。合格者からの喜びの声です!
合格者一同
●辻山 基弘(帯広工業高校卒)
昨年秋期の初級シスアドに続いて、今年春期に基本情報技術者試験に合格することができました。
長期休暇中や放課後は予想問題集や過去問題集などで学習を進めました。直前の対策講座で実施された模擬試験の結果は厳しいものでしたが、諦めずに学習した成果を出すことができたことを大変嬉しく思います。
今回の基本情報技術者試験の問題は、模擬試験問題や過去問題と比べて基礎的な問題が多かったように思います。特に午後問題ではその傾向が顕著で、疑似言語やプログラミング言語の問題行数も少なめでした。このチャンスを逃さずに確実に正答数を稼ぐことができ、午前午後ともに余裕をもって合格することができました。
次の目標は10月に実施されるソフトウェア開発技術者試験です。在学中に受けられる情報処理技術者試験はそれが最後となるので、合格に向けて力を尽くしたいです。

●松平 慎吾(帯広工業高校卒)
春季の基本情報技術者試験に合格することができました。日々の授業や、自宅での学習の成果が実り嬉しく思います。
午後問題に関しては、プログラムの穴埋めや、簡単なアルゴリズムに関する問題だったので、自信を持って回答することができましたが、午前問題であまり得点できませんでした。
今後はより基礎的な知識を身に付け、ソフトウェア開発技術者試験に挑戦できるよう学習を続けていきたいと思います。高橋 怜央奈(帯広大谷高校卒)
今回の初級シスアド試験には、運良く合格できたと思います。でも、嬉しかったです。本当は一年生のうちに合格したかったのですが、勉強不足で今回まで遅れました。今後は、基本情報技術者試験を目標に勉強していきます。

●新沼 智康(帯広白樺高校卒)
初級シスアド試験に合格できて、嬉しく思っています。今回は合格を目指すために、学校での勉強だけではなく、自宅で自主的に勉強を行ったことによって、このような、結果につながったのだと喜んでおります。
今までの勉強してきたことのひとつの成果の形として、資格取得という結果を得ることができ、これからの自分自身に対する自信につながりました。今後も今回のことに満足することなく、多くの資格を取得していけるように、よりいっそう努力していく所存です。

過去のお知らせ